楽天、13奪三振の岸を援護できず 泥沼の8連敗

 楽天は先発・岸が13奪三振の力投を見せたものの、打線がソフトバンク投手陣を打ち崩せず、引き分けを挟んで泥沼の8連敗。梨田監督も「岸を援護することができなかった」と険しい表情を浮かべた。

 4番アマダーが二回、ソフトバンク先発の東浜が投じた内角高めの球に激高してマウンドに詰め寄り、威嚇行為で退場処分を受けたことも響いた。池山チーフコーチも「投手じゃなく、ボールに向かっていってほしかった」と手厳しかった。(ヤフオク)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ