稀勢の里、白鵬らは相撲を取らず 横審の稽古総見

 大相撲秋場所(10日初日・両国国技館)に向けた横綱審議委員会(横審)の稽古総見が1日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、左上腕や左足首などの負傷で2場所連続途中休場の横綱稀勢の里は四股など基本運動のみで相撲は取らなかった。

 他の横綱陣は日馬富士が関脇御嶽海らに9戦全勝。左膝痛の影響で欠席の意向を示していた白鵬は終了間際に姿を現しただけだった。右足首痛を抱える鶴竜も相撲を取らず、四股、てっぽうなどで調整した。

 大関陣は高安と豪栄道が三番稽古(同じ相手と続けて取る)を行い、豪栄道が6勝3敗だった。休場明けの照ノ富士は御嶽海、大栄翔と取った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ