柵越え連発の清宮幸太郎「違和感なくできた」 バット到着、久々の快音 投手陣も精力的に投げ込み

 野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表は30日、カナダ・サンダーベイで開催地入り後初めての打撃練習をした。輸送トラブルで到着が遅れていたバットも無事に届き、選手たちは久々に快音を響かせた。

 フリー打撃を行った球場は通常よりも狭く、主将の清宮幸太郎(東京・早実)は柵越えを連発した。4番を務めるスラッガーは「2日くらいあいたけれど、違和感なくできた」と笑顔で話した。

 投手陣はブルペンで精力的に投げ込んだ。メキシコ、米国、キューバと1次リーグ3戦目まで強敵が続くだけに、小枝守監督は「もう少し考えたい」とローテーションを熟考中。先発の軸として期待される徳山壮磨(大阪桐蔭)は「どんな形であれ、勝ちにこだわりたい」と決意を示した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ