清宮、プロと通信教育“二刀流”は難しいゾ 田辺前西武監督が体験語る、現役での卒業「聞いたことない」

 U-18ワールドカップ(W杯、9月1日開幕=カナダ・サンダーベイ)に出場する高校日本代表が28日に羽田空港発の航空機で出発した。

 主将の清宮幸太郎内野手(早実3年)は1年生だった2年前にも同大会に出場しチームは準優勝したが、打率・222、本塁打ゼロ。「前回はまったく打てなくて負けた。悔しさは相当なものがある。世界一しかないです」と雪辱を誓ったが、大会終了後はいよいよ進路をはっきりさせなければならない。

 今年のドラフト会議は10月26日。2週間前の同12日がプロ志望届の提出期限で、約1カ月以内に決断を迫られる。

 現段階ではプロ入り、早大進学、米国の大学進学、プロ入りした上で早大「eスクール」を受講する“二刀流”プランが取り沙汰されている。

 「eスクール」は2003年に始まった早大人間科学部の通信教育課程。他大学の通信課程には1年間のものもあるが、eスクールは4年制で年に数回登校もしなければならない。前西武監督の田辺徳雄チームアドバイザー(TA)が2軍コーチ時代の07年に入学し、4年間で卒業した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ