韓国メディアも呆れるKリーグ 反則横行、観客落ち込み 今や「張り子の虎」!?

 【スポーツ異聞】

 韓国プロサッカーリーグ、Kリーグが最近、悪評にまみれている。7月に行ったベトナムU-23(23歳以下)との親善試合で韓国代表を含むKリーグ選抜チームは0-1で敗れ、「あきれた結果だ」と韓国メディアに酷評される体たらくぶり。さらに、リーグ戦では悪質な反則が頻発し、選手のフェアプレー意識の低さが嘆かれる始末。質の低いものは簡単に飽きられるように、今季のKリーグの平均観客動員数は過去4年で最も少なくなっており、メディアにはもはや「アジアの虎」と呼ばれた韓国サッカーではなく、「張り子の虎」の境遇だと揶揄される始末だ。

 中央日報など韓国メディアによると、Kリーグのオールスターチームは7月29日、ベトナム・ハノイの国立競技場で親善試合として、ベトナムのU-23代表チームと対戦した。オールスターチームには、8月14日に発表された韓国代表に入ったFWキム・シンウク(29)、MFイ・グンホ(32)、MFヨム・ギフン(34)のほか、元代表DFクァク・テフィ(36)らで構成された。

 しかも、最新の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングでは49位の韓国に対し、ベトナムは135位。単純にランキングが結果に反映されるとは言い切れないが、韓国が相手を凌駕してもおかしくないはずだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ