勝負の6連戦!巨人、CS進出ローテだ 菅野は大事なDeNA初戦に

 セ・リーグ4位の巨人は29日から、首位・広島(東京ドーム)、3位・DeNA(横浜)との6連戦に臨む。28日は川崎市のジャイアンツ球場で一部の投手が調整し、斎藤雅樹投手コーチ(52)は先発の登板間隔を短くする可能性に言及。田口麗斗投手(21)を中5日で31日の広島戦に登板させ、26日の阪神戦を体調不良で回避した菅野智之投手(27)が、9月1日のDeNA戦で投げるプランが浮上した。

 3位以内でのクライマックスシリーズ(CS)進出へ、現在4位の巨人が総力戦だ。斎藤投手コーチが、先発の登板間隔について言及した。

 「詰めていくことも十分ある。残り30試合を切っているわけだから、条件が整えば、いい投手でどんどんいきたい」

 29日の広島戦はマイコラスが先発。30日は出場選手登録を外れた内海に代わって、この日の練習に参加した宮国の起用が決定的だ。田口は白星を挙げた25日の阪神戦で6回103球でマウンドを降りており、31日に中5日で登板しても問題なさそうだ。

 今季、巨人は東京ドームでの広島戦に0勝6敗と相性が悪いが、田口は今季の広島戦で防御率2・25と安定しており、3勝はチームトップ。若き左腕は「いつでもいける準備はしている。大事じゃない試合はない」と鼻息を荒くする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ