ロシアのリプニツカヤ引退 タス通信報じる フィギュア

 タス通信は28日、フィギュアスケート女子で2014年ソチ五輪団体金メダリストのユリア・リプニツカヤ(ロシア)が現役を引退すると報じた。同選手の母親が語った。ロシア・スケート連盟のゴルシコフ会長は同日、まだ引退届は受け取っていないと述べた。

 母親によると、リプニツカヤは今年4月、拒食症の治療を終えて欧州から帰国後、ロシア・スケート連盟幹部に引退の意向を伝えた。

 19歳のリプニツカヤは、15歳でソチ五輪に出場、初採用の団体で地元ロシアの優勝に貢献したが、期待を集めた個人種目は5位に終わった。高く上げた脚を体に密着させる「キャンドル・スピン」が代名詞で、日本でも人気を集めた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ