ついに揃った“218発トリオ”!中村&清宮が無安打でも安田が打つ U-18

 野球のU-18(18歳以下)W杯(9月1日開幕、カナダ)に出場する高校日本代表が27日、千葉県内のグラウンドで城西国際大(千葉県大学野球連盟)と練習試合を行った。3人で高校通算計218本塁打の3番・中村奨成捕手(広陵3年)、4番・清宮幸太郎内野手(早実3年)、5番・安田尚憲内野手(履正社3年)の“最強クリーンアップ”が初お披露目。2-5と逆転負けを喫したが、悲願の世界一に向けて、気持ちは1つだ。

 大会前最後の練習試合で、ついに高校野球史上最強クリーンアップが完成した。今夏の甲子園で大会新記録となる6本塁打を放つなど高校通算44本塁打の中村に、同最多109本塁打の清宮、同65本塁打の安田の大砲トリオがそろい踏み。4番に座った主将の清宮は、誇らしげに胸を張った。

 「頼もしいです。自分も中村も打っていないですけど、安田がしっかり打ってくれた。3人いて、クリーンアップだと思う。2人倒れても、誰かがという感じ。3人で1つになりたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ