ハリル監督の賭け!異例の27人招集「状態や可能性を見極めたい」

 日本サッカー協会は24日、W杯ロシア大会アジア最終予選の豪州戦(31日、埼玉)とサウジアラビア戦(9月5日、ジッダ)に臨む日本代表を発表した。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は主力選手のけがの回復を確認するため、同予選最多となる27人を招集。ギャンブルとも言うべき選考で、試合直前まで起用法で頭を悩ますことになった。勝ち点17でB組首位の日本は残り2試合で1勝すれば、6大会連続の本大会出場が決まる。

 リストには異例といえる27人の名前がずらりと並んだ。勝てば6大会連続のW杯出場が決まる豪州戦が迫る中、ハリルホジッチ監督はメンバーを絞り切れなかった。

 「いままででリストを作るのが一番難しかった。初めて27人呼ぶ。手元に置いて、状態や可能性を見極めたい」

 W杯最終予選のベンチ登録は23人が上限。これまでは24~26人の招集に留まっていた。今回はけが人の回復が不透明で多めに招集したという。

 FWは9人。右ふくらはぎ肉離れの本田、右足首の靱帯(じんたい)を痛めた大迫には現地にスタッフを派遣し情報を収集した。本田はメキシコでデビュー戦ゴールを決め、大迫も「練習に合流し、試合に出られそう」との報告を受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ