広陵・中村をプロ絶賛!巨人・鹿取GM「間違いなくドラフト1位で競合」

 第99回全国高校野球選手権大会決勝(広陵4-14花咲徳栄、23日、甲子園)決勝が行われ、大会新記録の6本塁打を放った中村奨成捕手(3年)を擁する広陵(広島)は4-14で花咲徳栄(埼玉)に敗れて準優勝に終わった。

 中村についてこの日、ヤクルト・小川シニアディレクターは「甲子園で、さらに(評価が)上がったのではないか。素材としてはそういう(高い)評価になる」。阪神の球団幹部は「素晴らしい選手」と改めて評価した。巨人・鹿取ゼネラルマネジャーは22日に「春の段階から特Aランク。間違いなくドラフト1位で競合する」と話し、広島は19日に苑田スカウト統括部長が清宮とともに1位候補に挙げている。DeNA、楽天、日本ハムなどのスカウト陣も高い評価を公言している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ