楽天D1・藤平、高卒新人一番乗りのプロ1勝!思い出の地で5回0封

 (パ・リーグ、ロッテ2-6楽天、16回戦、楽天12勝4敗、22日、ゾゾマリン)楽天は22日、ロッテ16回戦(ZOZOマリン)に6-2で勝ち、連敗を6で止めた。プロ3試合目の登板となったドラフト1位・藤平尚真投手(18)=横浜高=が5回2安打無失点で、12球団の高卒新人一番乗りとなるプロ初勝利を飾った。

 「小さい頃から足を運んだ大好きな球場で初勝利できてうれしい。チームの連敗が止まってよかったです」

 5年前の2012年8月22日。千葉出身の右腕は、中2の千葉市リトルシニア時代にZOZOマリン(当時QVCマリン)のマウンドに立ち、完投勝利を飾った。思い出の地での1勝目に、満面の笑みを浮かべた。

 観衆1万8102人。熱狂的なロッテファンの声援にも動じなかった。最速148キロの直球を軸に、本塁方向からの風速9メートルの風を計算。変化球を低めに集め、許した安打は「2」だけ。7三振を奪った。

 同期の存在が力の源だ。横浜高時代、「ビッグ4」の一人として甲子園をわかせた。その一角であるヤクルト・寺島(大阪・履正社高)、西武・今井(栃木・作新学院高)らを徹底的に意識。「自分たちの世代を誰かが引っ張らないといけない。自分がという気持ちがある」。高校野球の季節に、その言葉を見事、体現した。

 新人右腕の快投でチームはトンネルから脱出。梨田監督は「6連敗を止めてくれるとは思わなかった。本当によかった」と笑みを浮かべた。 (広岡浩二)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ