順風満帆の松山と対極過ぎる錦織 今季残り全試合欠場でトップ10陥落も確実

 世界ランキング上位に名を連ねる両雄がいま、あまりに対照的だ。

 男子テニスで世界ランキング9位の錦織圭(27)=日清食品=が右手首の腱を断裂したため、四大大会最終戦の全米オープンを含む今季残り全試合を欠場すると16日、マネジメント会社が発表した。当面、手術の予定はないが、腫れが引くのを待って次の決断をするという。

 2014年全米オープン準優勝の錦織は右手首の痛みに悩まされ、3月下旬のマイアミ・オープンで悪化させ、5月のマドリード・オープンでも再発し準々決勝を棄権。今週のウエスタン・アンド・サザン・オープン(米シンシナティ)も欠場していた。

 今季の四大大会は全仏オープンのベスト8が最高で、シーズンを通してツアー優勝がないのは11年以来。世界ランキングでは14年9月8日付以降守ってきたトップ10の座からの陥落も確実となった。09年夏に右肘を手術し、10年2月にツアー大会に復帰以降は、長期離脱はなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ