「侍ジャパン」稲葉監督“初仕事”!大学日本代表と社会人野球の練習試合視察

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(45)が14日、川崎市内のグラウンドで行われた大学日本代表と社会人野球のJX-ENEOSの練習試合を視察した。

 7月31日の就任発表後の“初仕事”では、ユニバーシアード夏季大会を目前に控えた大学日本代表の選手と握手を交わし「日の丸を背負う責任と誇りを持って世界一を目指してほしい」と激励。「(東京五輪のある)3年後にはこの中からプロ入りし、選ばれる可能性も十分にある」と期待をかけた。

 今後も精力的に視察する予定で、早実高・清宮幸太郎内野手の招集が見込まれるU-18(18歳以下)ワールドカップ(9月・サンダーベイ=カナダ)を控えた高校日本代表の合宿も「時間が許す限り見たい」と明言。プロ野球の2軍戦視察にも「解説者とは違う目線になる。自分の目で選手を選んでいきたい」と意欲を示した。 (芳賀宏)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ