錦織圭が全米前哨戦を欠場 「練習中に右手首に痛みを感じた」

 男子テニスの錦織圭(日清食品)が米シンシナティで開幕したウエスタン・アンド・サザン・オープンを右手首の痛みで欠場することになったと13日、自身の公式アプリで明らかにした。この大会は28日にニューヨークで開幕する四大大会、全米オープンの前哨戦。

 錦織はシングルスの第5シードで2回戦から登場する予定だった。既にシンシナティ入りしていた錦織はアプリに英語でつづり、「きょうの練習中に右手首に鋭い痛みを感じた。今は医療の専門家の診察を受けている」と説明した。

 今季の錦織は右手首の痛みに悩まされ、3月下旬のマイアミ・オープンで悪化し、5月のマドリード・オープンでも再発し準々決勝を棄権した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ