智弁和歌山が興南破り2回戦へ 6点差をひっくり返す

 第99回全国高校野球選手権大会第4日は11日、甲子園球場で1回戦が行われ、第3試合で智弁和歌山が五回に2本塁打で追い付くなど、興南(沖縄)に9-6と打ち勝って、和歌山勢夏120勝目を挙げた。

 智弁和歌山が6点差をひっくり返した。6点を失った直後の四回、西川、平田が連続適時打を放ち、五回に林と冨田の2ランで同点。六回は蔵野の適時打で勝ち越し、終盤にも加点した。北が三回途中で降板したが、救援の平田が丁寧な投球でリズムを生んだ。

 興南は三回に打者一巡の攻撃で6点を先行したが、投手陣が踏ん張れなかった。

▽興南(沖縄)-智弁和歌山(和歌山)

(14時06分、観衆 47000人)

智弁和000 241 011-9

   一二三 四五六 七八九-計

興 南006 000 000-6

(智)北、平田-蔵野

(興)宮城、上原、川満、藤木-渡辺、諸見

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ