ラミDeNA、ババンと2位阪神と2差!小技連発しでっかい白星

 (セ・リーグ、ヤクルト1-6DeNA、18回戦、DeNA12勝6敗、10日、神宮)DeNAは10日、ヤクルト18回戦(神宮)に6-1で快勝した。1-1の八回に相手守備のミスをつき勝ち越すと、桑原将志外野手(24)のスクイズでたたみかけ、わずか1安打で2得点。アレックス・ラミレス監督(42)の掲げる「スモールベースボール」で勝機を逃さなかった。DeNAは連勝で4カードぶりの勝ち越し。11日から2ゲーム差で追う2位・阪神を本拠地ハマスタに迎える。

 『流れ』とはこういうものか-。細かいプレーの積み重ねと一さじの『ラッキー』が、DeNAに白星を運んだ。

 ラミレス監督「相手が失策した直後で、一気に流れが来たところ。どうしても1点が必要だった。『月間MVP』のことは考えなかったよ。あのスクイズがきょうのMVPのプレーだった」

 八回、敵失で1点を勝ち越し、なおも一死一、三塁の場面。月間打率・389と絶好調で7月の月間MVPを獲得した桑原に、指揮官は迷わず「スクイズ」のサインを出した。桑原もこれに応え初球を投手前へ。俊足の三走・梶谷が楽々と生還し、勝利を決定づけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ