阪神・藤浪、1軍昇格へ待ったなし!2軍戦5回1失点で“合格点”

 (ウエスタンリーグ、阪神5-3広島、10日、倉敷マスカット球場)不振で2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(23)が10日、“昇格テスト”となったウエスタン・広島戦(倉敷)に先発し、5回を4安打1失点。1軍昇格が決定的となった。1軍ではランディ・メッセンジャー投手(35)が巨人戦(東京ドーム)で右足を負傷。昇格へ、待ったなしだ!

 時はきた-。先発ローテが崩壊寸前の今こそ、この男の復活が首位広島を追う切り札だ。無期限でのファーム調整を続けてきた藤浪が、“昇格テスト”と位置づけられた広島戦で、5回4安打1失点。2四球3奪三振と粘りの投球をみせた。

 「いい球も悪い球もありました。抜ける球もあって、納得いかないところもありましたが、全体的にみればよかった」

 2度、雨で中断した悪条件だったが、最速156キロの直球とキレ味鋭い変化球を織り交ぜ、ピンチで踏ん張った。一回二死一塁で課題の右打者、メヒアを迎えると球が上ずり、四球を与えたが、後続は打ちとった。二回先頭の岩本にフルカウントから153キロを右翼席へたたき込まれたが、続く坂倉を152キロで空振り三振に斬るなど、追加点を許さなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ