楽天がサヨナラで首位守る…延長十一回に銀次が∨打

 (パ・リーグ、楽天4x-3日本ハム=延長十一回、15回戦、楽天12勝3敗、10日、コボパーク)楽天は3-3で迎えた延長十一回、銀次の適時二塁打でサヨナラ勝ち。ロッテに勝った2位・ソフトバンクをわずかに勝率で上回り、首位をキープした。

 楽天は一回に先発の安楽が1点を失ったが、二回に松井稼の2号ソロで同点。三回に再び1点を勝ち越されたが、その裏二死二塁からウィーラーの左前適時打で追いついた。七回にはこの回から登板の2番手・高梨が、二死二塁から大谷に左前適時打を許し再びリードを許す。それでもその裏、二死三塁から銀次の中前適時打で3-3とする粘りをみせた。

 迎えた延長十一回、オコエの左翼線二塁打などで一死一、二塁のチャンスを作ると、銀次が左中間にサヨナラ打を放った。

 銀次はヒーローインタビューで「みんなが思っているより冷静に打席は入れた。それがいい結果につながった」と劇的な一打を振り返った。サヨナラ勝ちの瞬間はベンチから飛び出してきたチームメイトから水を浴びるなどの祝福を受け、「(逃げなくて)失敗した。寒い」と苦笑い。それでもファンの声援を気持ちよさそうに浴びていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ