阪神・メッセンジャー、負傷交代で病院直行 右足にはアイシング

 (セ・リーグ、巨人5-2阪神、16回戦、巨人9勝7敗、10日、東京D)阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)が負傷交代した。

 2-2の七回に先頭・阿部の打球が右足に直撃。ベンチからトレーナーと通訳が走った。

 その後、マウンドで足の動きを確認していたが、ベンチで治療することを選択。阪神ベンチは桑原に交代した。

 チームトップの11勝をあげていたメッセジャーは試合途中にトレーナーに付き添われて、病院へ。球場の出口へと続く通路では左足だけで上り、タクシーに乗った。右足にはアイシングが施されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ