巨人、寺内が決勝打!阿部は通算2000安打まであと3本

 (セ・リーグ、巨人5-2阪神、16回戦、巨人9勝7敗、10日、東京D)巨人は2-2の同点で迎えた八回二死満塁から、寺内崇幸内野手(34)が阪神3番手のマテオから勝ち越しの左翼線2点適時二塁打を放ち、逆転勝ち。また阿部慎之助内野手(38)は七回に二遊間へ内野安打を放ち、通算2000安打まであと3本とした。3番手のスコット・マシソン投手(33)が3勝目(2敗)、抑えのアルキメデス・カミネロ投手(30)が20セーブ目を挙げた。

 巨人は内海、阪神はメッセンジャーが先発。

 阪神は二回、中谷が四球で出塁し、鳥谷の右前打で一、三塁。大和は三振に倒れたが、梅野が左前適時打を放ち、1点を先制した。メッセンジャーの投犠打で二死二、三塁とすると、俊介の右前適時打で1点を追加した。

 巨人は五回、長野が左翼席に12号ソロを放ち、1点差とした。六回は内海への代打・石川が右翼線三塁打を放ち出塁。陽は三ゴロに倒れたが、マギーの右犠飛で石川が生還し、同点とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ