阪神・メッセンジャー、打球が右足に直撃し負傷交代

 (セ・リーグ、巨人-阪神、16回戦、10日、東京D)阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)が七回、負傷交代した。

 2-2の七回に先頭・阿部の打球が右足に直撃。ベンチからトレーナーと通訳が走った。

 その後、メッセンジャーはマウンドで足の動きを確認していたが、ベンチで治療することを選択。桑原に交代した。メッセンジャーはチームトップの11勝をあげており、患部の状態が心配される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ