浪速のエリカ様、浦和ユニ男“急襲”「わたしはオモチャよ」阪神惨敗で疫病神扱い、ネット大炎上にもご満悦

 サッカーJ1浦和を挑発し、「スポーツを売名に利用している」と批判されている“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆議院議員(34)が8日、巨人-阪神戦(東京ドーム)をスタンドで観戦した。自身は熱狂的な阪神ファンを公言しているが、試合は1-6の惨敗。ツイッター上では虎党から「お前のせいだ。疫病神は来るな!」などと罵詈雑言が浴びせられ、試合中には浦和のユニホームを着た男性に“急襲”される一幕も。それでも上西氏は「わたしはオモチャよ」と宣言した。(山戸英州)

 午後5時半過ぎ。公設秘書の笹原雄一氏とともに、首から阪神の球団マークの入ったマフラータオルを垂らした“エリカ様”が、球場入り口にお出ましになった。

 上西氏は先月、ツイッターに「くたばれレッズ!」と書き込んで浦和サポーターの批判を浴びていたが、この日、阪神を応援するために東京ドームを訪れることを公表していた。阪神ファンからは「野球も売名に使うのはやめてくれ」との声が上がっていたが、悪びれる様子はなかった。

 「この先、クライマックスシリーズ(CS)を見据えたとき、メッセンジャー、秋山、藤浪ともう1人、先発4本柱が不可欠。その最有力候補として岩貞投手を見に来ました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ