巨人・カミネロ、また背信で5敗目…守護神配置転換も

 (セ・リーグ、巨人4-5阪神、15回戦、巨人8勝7敗、9日、東京D)巨人は9日、阪神15回戦で、1点リードの九回にアルキメデス・カミネロ投手(30)が適時打と犠飛で逆転を許した。

 「調子はよかった。相手が粘って、そこで自分が打たれた」と5敗目を喫した守護神はうなだれた。七回にマギーが逆転の3点二塁打を放って最高潮だったムードは一気にしぼんだ。

 逆転負けで起用法にテコ入れの可能性が出てきた。高橋監督は「最善だと思っている」とかばったが、村田ヘッドコーチは「カミネロでいくか、かえるか、今後話し合い」と配置転換を示唆。斎藤投手コーチも「配置転換? (策を講じるなら)それしかない。あす(10日)からとかではないけど」と認めた。

 これ以上、背信投球が続けば、代役は6月のカミネロ不在時に抑えを務めたマシソンが有力。痛い黒星で借金は4となり、3位・DeNAとは4ゲーム差に開いた。(伊藤昇)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ