40歳激走!阪神・福留、九回同点三塁打&執念ホームインや

 (セ・リーグ、巨人4-5阪神、15回戦、巨人8勝7敗、9日、東京D)阪神は巨人に5-4で逆転勝ち。福留孝介外野手(40)が激走でVをもぎとった。土壇場の九回に同点の三塁打を放つと、ジェイソン・ロジャース内野手(29)の犠飛で本塁突入。執念のスライディングで勝ち越した。首位広島が敗れたため、自力Vの可能性が復活。失速の夏にはしない。猛追の猛虎や! まだまだあきらめへんで!!

 福留は鬼の形相で二塁も蹴った。三塁に到達した瞬間は肩をうねらせるほど息が切れていた。小休止と思った矢先、ロジャースが初球を打ち上げて再発進。本塁クロスプレーに頭から突っ込み、決勝点をもぎとった。

 「これで疲れていない人はおらんやろ(笑)。足がもつれてしまって…。自分でもビックリしたよ。俺が打ったとかではなく、あきらめないぞという姿勢を全員がもっていたし、それが最後にああなったと思う」

 1点を追う九回一死。守護神・カミネロから代打・伊藤隼が中前にはじき返して、チャンスメーク。福留は4球目の高めスライダーを一閃。右中間を破った。今季、打率・500と相性のいい東京ドームだが、打つだけではない。激走で、まずは三塁打とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ