明徳義塾が延長戦を制して2回戦進出 延長十二回に一挙3点

 第99回全国高校野球選手権大会第2日第4試合(日大山形3-6明徳義塾=延長十二回、9日、甲子園)第4試合は4年ぶり17度目出場の日大山形(山形)と8年連続19度目出場の明徳義塾(高知)が対戦。明徳義塾が延長十二回に3点を奪い、日大山形を6-3で破った。

 明徳義塾は2-3の六回、二死二塁から筒井が左前適時打を放ち、同点。その後は両校、得点を奪えず延長戦へ突入した。

 ナイターに突入した試合は延長十二回。明徳義塾が二死一、二塁の好機を作ると4番・谷合は遊撃内野安打。遊撃手・鹿野は打球を好捕したが二塁へ悪送球し、二塁ランナーが生還して明徳義塾が勝ち越しに成功。さらに今井の右前2点打で一気に3点を奪い、競り勝った。

 日大山形は序盤から優勢に試合を運んだが、中盤に追いつかれるとその後は攻めあぐねた。延長十回に二死二、三塁と好機を生かせず、初戦突破はならなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ