オコエが今季初安打&初打点!楽天ヤングパワーで連勝

 (パ・リーグ、楽天8-5ロッテ、14回戦、楽天11勝3敗、5日、コボパーク)パ・リーグ2位の楽天は5日、ロッテ14回戦(Koboパーク)に8-5で勝ち、2連勝で首位・ソフトバンクとの1・5ゲーム差を維持した。「9番・右翼」で先発出場した昨年のドラフト1位、オコエ瑠偉外野手(20)が、今季初安打&初適時打で4打数2安打1打点をマーク。同3位で昨季、早大から加入した茂木栄五郎内野手(23)も初回先頭打者弾を放つなど、2年目野手がチームを再び勢いづけた。

 高校野球の季節に、かつて甲子園をわかせた元気印が帰ってきた。1点差に迫られた八回。オコエが、勝利を引き寄せる一打を放った。

 「スライダーが来ると思った。直感」

 振り返ったのは一死二、三塁の場面だ。カウント0-2と追い込まれながら松永のスライダーに狙いを定め、今季初打点となる適時打を左前にはじき返した。

 試合後は「あれだけ虫の多い中での試合は初めて。服につくし、口の中にも入りそうになった。球審の口には入っていましたね」と、本拠地を襲った大量の虫に苦笑い。守備時も、打席でも容赦なく“攻撃”されたが、集中力を保ち「自分のポイントで打てた」と胸を張った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ