鷹、4発で楽天に2・5差つけた!「ミギータ」真砂、プロ初安打が本塁打

 (パ・リーグ、オリックス3-5ソフトバンク、16回戦、ソフトバンク11勝5敗、3日、京セラ)期待の若鷹が師匠の胸に飛び込んだ。首位をキープしたソフトバンクの一発攻勢の締めは、若き大砲だ。「ミギータ」の名に恥じない弾道で、5年目の真砂が覚醒した。

 「打った球を覚えていないくらい興奮しました。頭が真っ白で、気がついたらベンチに戻っていました」

 4-1の五回先頭で初球を狙った。山崎福のチェンジアップを中堅右へ1号ソロ。プロ6打席目で記念の初安打をアーチで放った。両軍の全得点が本塁打の空中戦に貢献。ハイタッチの最後に、柳田に思い切り抱きついた。

 「(柳田に)やっと恩を返せました」

 昨年のU-23ワールドカップ(W杯)でMVPに輝いた逸材だ。素質は柳田級と評される右打者で、藤本打撃コーチが「ミギータ」と名づけた。同コーチが柳田に頼み、オフは自主トレに同行した。

 入門初日は「金髪で来い」という指示を守ると、丸刈り姿の師匠に苦笑い。グアムに到着して自身も頭を丸めた。楽しく、厳しい修行。徹底的な走り込みと筋力強化、食事管理に「すごい選手でも本当に必死にやるんだ」と食らいついた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ