錦織、深夜決戦を制し3回戦進出 次戦は過去1勝5敗のデルポトロ テニス

 テニス シティ・オープン(1日、米ワシントン)男子シングルス2回戦で、第2シードで世界ランキング9位の錦織圭(27)=日清食品=が、同58位のドナルド・ヤング(28)=米国=を6-3、4-6、7-6で下した。3回戦では過去1勝5敗と苦手とする同32位のフアン・マルティン・デルポトロ(28)=アルゼンチン=と対戦する。

 雨の影響で進行が大幅に遅れ、試合終了は2日午前1時50分を過ぎていた。最終セットはタイブレークに突入。3連続ポイントで勢いに乗った錦織が、観客もまばらになった深夜決戦にけりをつけた。

 3回戦敗退に終わった四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の後は日本で休養し、先週はロサンゼルスでマイケル・チャン・コーチと調整し、万全の体制を敷いた。今大会はハードコートで実施され、四大大会最終戦の全米オープン(28日開幕、ニューヨーク)に向けてステップとなる舞台。2年前に優勝した縁起の良い大会を、復活の足がかりにする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ