ケルン・大迫勇也、負傷で数週間離脱へ W杯予選を欠場の可能性も

 サッカーのドイツ1部リーグ、ケルンは1日、所属する日本代表FW大迫勇也(27)が右足首の靱帯損傷で数週間戦列を離脱すると発表した。日本代表が臨むワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選の豪州戦(31日、埼玉スタジアム)、サウジアラビア戦(9月5日、ジッダ)に出場できない可能性が出てきた。

 大迫は7月31日のボローニャ(イタリア)との練習試合で負傷。8月1日に病院で診察を受けた。大衆紙ビルトは松葉づえ姿の写真とともに、シュテーガー監督の「状態はよくなさそうだ」との見方を伝えている。ケルンは20日にドイツ1部リーグの開幕戦を迎える。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ