楽天・松井稼、現役続行!「あくまで自分の意向」今後球団と契約交渉

 楽天・松井稼頭央外野手(41)が、来季も現役を続ける意志を固めたことが31日、分かった。今季で1年契約が満了するが、サンケイスポーツの取材に「まだ現役でいたい」と明言。ロッテ・井口資仁内野手(42)が今季限りでの現役引退を表明しており、来季は日本球界の現役最年長野手としてグラウンドに立つ。

 松井稼が来季の契約更新へ、強い思いを明らかにした。

 「ここまで来たら、現役にこだわっていく。ずっと楽天で野球をしたいし、体力的にも現役を続ける自信があります」

 1975年10月23日生まれの41歳。1学年上のロッテ・井口が今季限りでの現役引退を表明しており、43歳シーズンとなる来季も現役を続行すれば、現役最年長野手としてプレーすることになる。

 同じ75年生まれのロッテ・福浦和也内野手(41)や米大リーグ、カブスの上原浩治投手(42)にも言及した。「お互い刺激を受けて励まし合っている。モチベーションになりますよね」。福浦は、来季現役を続行すれば、誕生月から松井稼に続く2位の年長野手となる。親交が深い同世代の2人の存在も力にする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ