巨人・相川が九回に逆転二塁打 チームは3連勝

 (セ・リーグ、巨人5x-4DeNA、17回戦、30日、東京D)。巨人が逆転サヨナラ勝ち。1点ビハインドの九回二死一、三塁から途中出場の相川亮二捕手(41)が左中間に逆転二塁打を放ち、チームの連勝は3となった。 

 巨人は一回、2番・マギーがDeNA先発の飯塚から先制ソロを放った。DeNAは三回に筒香が大竹寛から同点二塁打。七回には一死満塁とすると、桑原のゴロを処理した巨人・遊撃手の寺内が野選。なおも二死満塁から、筒香が左翼線に2点二塁打を放ち、4-1とした。

 巨人は八回に石川、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)がソロ本塁打を放ち、1点差に迫ると、九回は相手守護神の山崎康を攻め、最後は41歳のベテラン・相川が試合を決めた。

試合結果へ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ