ソフトバンク・東浜が自身初の10勝目! 楽天と1・5ゲーム差に

 (パ・リーグ、楽天1-5ソフトバンク、15回戦、楽天9勝6敗、27日、コボパーク)ソフトバンク・東浜巨投手(27)が先発し、7回1/3を5安打1失点で自身初の10勝目(3敗)を挙げた。ソフトバンクは首位・楽天とのゲーム差を1・5に縮めた。

 東浜が、好調の楽天打線を翻ろうした。六回まで散発の3安打に抑える好投。七回に一死三塁とされ、前日に巨人から加入したしたクルーズの内野ゴロの間に1点を失ったものの、後続を断った。

 東浜は八回、一死を取ったところで嘉弥真にマウンドを譲った。九回はモイネロと救援陣が失点を許さなかった。

 ソフトバンク打線は、四回に一死二、三塁から中村晃の2点打で先制。六回にはデスパイネの適時打で追加点を挙げた。八回にはデスパイネが2打席連続で適時打を放ち、楽天先発の岸をマウンドから引きずり降ろした。九回には、今宮の適時打で追加点を挙げ、5-1で勝利した。

 東浜はプロ入り後、仙台での登板では勝ち星がない“鬼門”だった。その地で節目のの10勝目を挙げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ