清宮、106号で最多本塁打まであと「1」 スカウト評は「国内屈指の左のスラッガーたちよりも上」

 今秋のドラフト1位候補で高校No.1スラッガーの清宮幸太郎内野手(3年)擁する早実は21日、西東京大会5回戦(神宮)で法政大高を5-0で下し、準々決勝に進出した。「3番・一塁」で先発した清宮は3回先頭の第2打席に高校通算106号となる先制ソロ本塁打を右中間に放ち、山本大貴(神港学園)の最多107本にあと1と迫った。公式戦の本塁打は8試合連続。さらに二塁打、三塁打を放って3打数3安打3打点、2四球の大暴れ。甲子園に向けて期待に応え続けている。

 清宮らしい大きな放物線だった。両チーム無得点の3回、法政大高先発の横手投げ右腕、折橋祐樹投手(3年)がカウント1ボール2ストライクから投じた94キロの甘いカーブを見逃さなかった。フルスイングすると打球は高々と舞い上がり、右中間スタンド最前列に飛び込んだ。

 「打ったところはバットの芯だったんですが、ちょっとこすった。思ったよりも伸びてくれましたね」と笑顔の清宮。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ