巨人・菅野、8回98球で完投せず 「次の課題にします」

 (セ・リーグ、DeNA1-3巨人、14回戦、巨人7勝6敗1分、22日、横浜)巨人の先発・菅野智之投手(27)がDeNA打線を8回3安打無失点の好投で、セ・パ両リーグ一番乗りで10勝目(4敗)を挙げた。九回はカミネロが1点を失ったが、マシソンがピンチを切り抜け2セーブ目をマークした。

 試合後の菅野との一問一答は以下の通り。

 --10勝目

 「素直にうれしい。調子自体は良くなかったけど、いつも通り(小林)誠司が引っ張ってくれた。とにかく丁寧に根気強くを意識して投げた」

 --8回98球で完投せず

 「次の課題にします」

 --7月中の10勝は自己最速

 「勝ち星は自分の力だけじゃどうしようもならない部分もある。みなさんに感謝している」

 --セ・パ両リーグ通じて10勝一番乗り

 「これに満足することなく、どんどん勝てるようにがんばっていく」

 --防御率(2・05)も田口を抜いてトップ

 「2人で切磋琢磨していけばチームもいい位置にいると思うので、最後までがんばりたい」

 --チームの負け越しは4。勝率5割が見えてきた

 「きょう勝って勢いがついたと思うので、どんどん勝っていけるように、自分も力になれるようにがんばる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ