島内が延長十回サヨナラ打!楽天、お見事粘り勝ちで首位ガッチリ

 (パ・リーグ、楽天4x-3オリックス、11回戦、楽天9勝1敗1分、21日、コボパーク)楽天は21日、オリックス11回戦(Koboパーク)で延長十回、4-3でサヨナラ勝ちした。「1番・中堅」で先発出場した島内宏明外野手(27)が、二死二塁から右前にサヨナラ打。2位・ソフトバンクとは0・5ゲーム差で、首位をキープした。

 逃げ切れなかった島内が、ナインから祝福の水をぶっかけられた。前日20日は札幌ドームで日本ハムに延長十一回の末にサヨナラ負け。本拠地に移動後の試合でうっぷんを晴らし、疲れを吹き飛ばした。

 「(札幌からの)移動と、2試合連続の延長戦で疲れていた。みんなの疲労も考慮して、早く決めたかった」

 延長十回二死二塁。ファウルで粘った9球目、平野が投げた137キロのフォークボールを右前に弾き返した。2万2943人の観衆が、3時間17分の熱戦に酔いしれた。

 「練習をして打てなかったら、仕方がないと思っている。だから、1年間、継続してやります」

 この日も早出特打を敢行した努力が実を結んだ。右肘痛で離脱した茂木に代わって、6月18日の阪神戦(甲子園)から1番に座り、プレッシャーとも戦ってきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ