早実・清宮が106号!最多本塁打記録へあと「1」 西東京

 第99回全国高校野球選手権大会西東京大会(21日、早実-法政、神宮)西東京5回戦で、早実が法政と対戦。「3番・一塁」で先発出場したプロ注目のスラッガー、清宮幸太郎内野手(3年)が高校通算106号となる先制のソロ本塁打を放った。

 三回先頭で迎えた第2打席。2ストライク1ボールから相手右腕、折橋の94キロ変化球を右中間に運んだ。

 清宮は17日の都芦花戦で、公式戦初の満塁本塁打をマーク。史上最多とされる山本大貴(兵庫・神港学園)の同107本塁打にあと2本と迫っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ