松山英樹は3打差の12位、宮里優作は40位 メジャー第3戦 全英OP

 男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は20日、英サウスポートのロイヤルバークデールGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、4バーディー、2ボギーの68で回った松山英樹は首位と3打差の12位につけた。

 宮里優作は3バーディー、3ボギーの70で40位。池田勇太は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で58位となった。谷原秀人は77で142位と出遅れた。

 ジョーダン・スピース、マット・クーチャー、全米オープン選手権覇者のブルックス・ケプカ(いずれも米国)が65をマークして首位。シャール・シュワーツェル(南アフリカ)ら2人が1打差で続いた。

 ■谷原秀人の話 「これだけいい天候でこのスコア。何をやっているんだろうという感じ。前半はショットのタイミングがなかなか合わず、パットも全く入らず、全てが悪かった」

 ■ジョーダン・スピース 「(65で首位発進に)天候が良かったのでアンダパーにしておくことがすごく重要だった。全米オープンではグリーンで苦戦したから、ここ数週間はパットの調整に時間を費やした」

 ■ヘンリク・ステンソン 「(26位に)あと一つ、二つは伸ばせたが、メジャーで1アンダーは悪くない。返却した(優勝トロフィーの)クラレット・ジャグを取り戻すのが目標」

 ■セルヒオ・ガルシア 「(90位と出遅れ)「ひどい1日だった。ドライバーをうまく打ててもフェアウエーにいかず、アイアンも良くなかった」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ