進化の「鳳凰」でも乾友紀子が苦戦、井村雅代ヘッドコーチは採点を疑問視 シンクロのソロFR予選

 演技構成の難度を上げた3年目の「鳳凰」。シンクロナイズドスイミングのソロ、FR予選で乾は「後半に今までよりボリュームがあり、見せ場のある脚技を入れた」と進化を口にした。それでも、一度定着した序列を覆すのは難しいのか、テクニカルルーティン(TR)同様、得点は4位だった。

 世界平和を願い、命を懸けて燃え尽きる鳳凰を情熱的に演じた。井村ヘッドコーチは「ハードなプログラムに変えても、よく泳ぎきった」と評価したものの、TRでも敗れた上位選手との点差が開いたことに「本当にそこまで開くのかと思う」と採点には首をかしげた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧