男子100メートル6位の山本篤、「いい刺激になった」と本命の走り幅跳びへ弾み パラ陸上

 男子100メートル(切断などT42)の山本は予選の12秒92からタイムを落とし、13秒08で6位。「スタートはよかったけど、現状はこのくらい。本命の種目に向け、いい刺激になった」と意に介していない様子だった。

 18日には大会3連覇が懸かる走り幅跳びに挑む。「優勝が目標。記録より勝負にこだわる。上位の力は拮抗しているので面白くなると思う」と前向きに話した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ