男子三段跳びで芦田創が銅 世界選手権第4日 パラ陸上

 パラ陸上の世界選手権第4日は17日、ロンドンで行われ、男子三段跳び(切断などT47)の芦田創(トヨタ自動車)が13メートル58で3位に入り、銅メダルを獲得した。

 男子100メートル(切断などT42)に出場したリオデジャネイロ・パラリンピック走り幅跳び銀メダリストの山本篤(スズキ浜松AC)は、13秒08で6位。男子400メートル(切断などT44)の池田樹生(中京大)は59秒40で7位となり、女子100メートル(視覚障害T13)の佐藤智美(東邦銀行)は13秒08で7位だった。

 1500メートル(知的障害)の女子は山本萌恵子(日本知的障がい者陸連)が日本勢トップの6位に入り、男子は中川大輔(三菱自動車)の9位が最高だった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧