世界選手権出場の団体日本代表が練習公開 「メダル獲得が目標」 新体操

 新体操の世界選手権(8~9月・ペーザロ=イタリア)に出場する団体の日本代表が13日、東京都北区の国立スポーツ科学センターで練習を公開し、リオデジャネイロ五輪代表で主将の杉本早裕吏(みなみク)は「総合でのメダル獲得が目標」と力強く語った。

 6月のチャレンジカップ(スペイン)では種目別決勝のフープで強豪国を抑えて優勝し「自信につながった」と言う。練習ではアニメの曲を使い「戦い」がテーマのフープと、アップテンポの曲に合わせて踊るロープ・ボールの演技を大きなミスなくまとめた。

 リオ五輪代表が多く残り、日本体操協会の山崎浩子強化本部長が「技術力があるし、安定感も出てきた」と手応えを口にするメンバー。杉本は「身長が小さい選手が多いので(動きの)大きさを出すことが課題」と表彰台に立つためのポイントを挙げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ