W杯決定なら国内で10月に国際親善試合

 日本サッカー協会は13日、日本代表がワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組で2位以内に入って本大会出場を決めた場合、10月6日に愛知・豊田スタジアム、10日に横浜・日産スタジアムで国際親善試合のキリン・チャレンジカップを行うと発表した。他大陸はW杯予選が行われているため、相手はアジアのチームが有力視される。

 B組首位に立つ日本は8月31日にホームでオーストラリア、9月5日に敵地でサウジアラビアと対戦し、1勝すれば自力で出場権を獲得する。

 3位に終わった場合はA組3位と10月5日にアウェーで第1戦、10日に埼玉スタジアムで第2戦を戦う。勝者は11月、北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフに臨む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ