1975年の巨人ファンが考えた改革案「王の敬遠はHR扱いに」他

 屈辱の連敗トンネル脱出後も、低空飛行が続く高橋由伸巨人。ファンの間でも、もはや諦めの空気すら漂っている。しかし、2008年に休刊した『週刊読売』では、開幕6試合目から最下位に沈んだ1975年の長嶋巨人を、様々な形で応援し続けた。

 歌手・天地真理に「長島さんは明るい性格だから、明るいスポーツをしてくれさえすれば、当面、勝負にこだわらないように、と私は考えています」とまで言わせ、その独創性は当時の特集を読むとよくわかる。最下位でシーズンを終えた11月15日号では、〈なにがなんでも巨人を優勝させるための読者のアイデア〉という応募発表を行なった。

 タイトルはこうだ。

 〈このあつい思いを聞いてほしい 王への敬遠はホームラン扱いにせよ!!〉

 他にも野球のルールさえ無視した“改革私案”が多数披露された。

 ●あらかじめ二点を

 〈巨人の全試合について、あらかじめ巨人には二点を与えておく。今季一点差で負けた試合が多いからだ。一試合二点ずつの借りは、向こう三年間、任意の試合で相手チームに返していけばよい〉

 間違いなく巨人は強くなる。今季に置き換えてみても、巨人が1点差で落とした試合は12試合(7月5日時点)ある。そのすべてで勝ったとすると順位は一気に2位に上がる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ