宮里藍、鈴木愛らが練習 メジャー第3戦の全米女子オープン

 13日(日本時間同日夜)に開幕する女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子オープン選手権に出場する宮里藍や鈴木愛ら日本勢が11日、会場のニュージャージー州ベッドミンスターのトランプナショナルGC(パー72)で調整を行った。

 今季限りで引退する宮里藍は3年ぶりの大舞台へ向けて「自分を成長させてくれた大会。ショットの調子は良くチャンスはある」と意気込んだ。

 2000年、01年と2連覇した親友のカリー・ウェブ(オーストラリア)らと談笑しながら9ホールを回った。全長6700ヤード超の厳しいコースについては「ラフも厚みがあって気が抜けない。グリーンも斜めの傾斜があって横に曲がる」と、厳しいラウンドになることを覚悟した。

 今季国内ツアー2勝と好調で2年ぶりに出場の鈴木は「2年前よりもショートゲームは上達している。パットが大事になる」と話した。

 その他の日本勢は野村敏京、宮里美香や渡辺彩香らが出場する。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ