巨人、今季初の3カード連続勝ち越し!菅野が単独トップの9勝締め

 (セ・リーグ、巨人2-0ヤクルト、12回戦、巨人7勝5敗、11日、東京D)巨人は11日、ヤクルト12回戦(東京ドーム)に2-0で完封勝ちし、2連勝を飾った。先発した菅野智之投手(27)が7回5安打無失点、8三振を奪う好投で、セ・リーグ単独トップの9勝目(4敗)を挙げ、昨季の勝ち星に早くも並んだ。今季初の3カード連続勝ち越しを決めたチームは、球宴前の9連戦の8試合を終えて6勝2敗。12日にも4位に浮上する。

 大声援を一身に浴びた。菅野は喜びを爆発させるファンに向かって、ほほえんだ。

 「四球を1つも出していなかったので、いいピッチングができたと思います。特に回の先頭、初球を見逃しでカウントをとれたのが大きかった」

 7回5安打、8三振を奪う快投。「きょうの分岐点だった」と振り返った六回は、先頭の藤井に左前打を許したが、3番・山田、4番・バレンティンの要警戒コンビを連続空振り三振。バレンティンは外角に鋭く逃げるスライダーで3打席連続三振にきった。昨季から続くヤクルト戦の連勝は6に伸び、今季3試合は24回を投げ、わずか1失点。最下位に沈む燕打線は敵ではなかった。

 106球で七回を投げ終え、八回は西村、九回はカミネロも無失点で締め、エースは昨季に並ぶ9勝目。1年目の自己最多の13勝超え、初の最多勝のタイトルも視界にとらえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ