楽天、“ハクション大魔王”で再奪首!ウィーラーが同点19号&4打点

 (パ・リーグ、楽天5-4西武、12回戦、楽天7勝5敗、9日、コボパーク)楽天は9日、西武12回戦(Koboパーク)に5-4で競り勝ち、ソフトバンクを勝率で上回ってパ・リーグ首位を3日ぶりに奪還した。ゼラス・ウィーラー内野手(30)が0-4の一回に2点適時打、三回には2ランを放って同点とするなど5打数3安打4打点と爆発。ウィーラーを応援する特別イベント試合「We love ウィーラー!」と銘打って行われた試合で、文字通りの主役となった。

 漂う敗戦ムードを豪快に打ち払った。2点を追う三回無死一塁、ウィーラーが西武・ウルフの3球目、145キロのシュートを捉えた。左翼席に同点の19号2ラン。会心の一打に、主砲は愛嬌(あいきょう)ある笑顔でスタンドをわかせた。

 「“ウィーラーデー”にホームランを打つことができて、非常にうれしいです」

 試合開始直後に4点を先制される嫌な流れだったが、まずは一回一死二、三塁から左前へ2点打を運び、逆転の気運を高めた。そして三回に同点弾。さらに七回には右前打でつなぎ、銀次の勝ち越し打を呼び込んだ。

 呼ばれて飛び出て、主役になった。身長1メートル78、体重100キロの巨漢と風貌が1969年からフジテレビ系で放映された人気アニメの主人公「ハクション大魔王」に似ていることから、ベンチ内に大魔王のイラストが貼られるなど、チームに明るい雰囲気をもたらしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ