楽天、九州豪雨支援で募金活動 則本、岸ら参加「うちも援助してもらった」

 プロ野球楽天は8日、仙台市のKoboパーク宮城で行われた西武戦の試合前に則本昂大投手(26)、岸孝之投手(32)、久保裕也投手(37)、三好匠内野手(24)が参加し、九州豪雨の被災地支援のために募金活動を行った。

 選手は球場の外に並び、ファンに直接募金を呼び掛けた。則本投手は「うちの球団も(東日本大震災で)被災した時にたくさんの人に援助してもらった。災害や困った人が出てきたら、何かやれることがないか考えている」と語った。

 福岡県出身の久保投手は「地元だからどうこうではなく、できることがあれば率先してやっていきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ