早実・清宮が選手宣誓 「野球の神様に愛されるように、全力で戦うことをここに誓います」

 第99回全国高校野球選手権大会(8月7日開幕・甲子園)の代表をかけた東・西東京大会の開会式が8日、神宮球場で行われた。選手宣誓は春季東京大会を制した早実の主将・清宮幸太郎内野手(3年)。宣誓文は以下の通り。

 「宣誓、私たちは野球を愛しています。私たちは野球に出会い、野球に魅せられ、野球によってさまざまな経験を重ねて、この場所に立っています。いよいよきょうから夢の舞台へのたった一枚の切符をかけた戦いが始まります。私たちは東東京、西東京の頂点を競うライバル同士ですが、同時に同じ夢を追いかける同志でもあります。青春のすべてをかけて戦うことのできる幸せと喜びを、伝えてくれるすべてのみなさまに感謝しながら、野球の素晴らしさが伝わるよう、野球の神様に愛されるように、全力で戦うことをここに誓います。

 平成29年7月8日、選手代表 早稲田大学系属早稲田実業学校 高等部 硬式野球部主将、清宮幸太郎」

 早実は15日の3回戦で初戦を迎える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ