楽天・則本、雨中の熱投「ラッキー」9勝!5年連続2桁勝利に王手

 (パ・リーグ、ロッテ1-5楽天=六回表終了降雨コールド、11回戦、楽天8勝3敗、4日、ゾゾマリン)楽天は4日、ロッテ11回戦(ZOZOマリン)に5-1で六回表終了降雨コールド勝ち。連敗を2で止め、首位をキープした。則本昂大投手(26)が7三振を奪い、5回を2安打1失点と好投し、3試合ぶりの9勝目(2敗)。入団から5年連続2桁勝利に王手をかけた。

 雨にも動じない。則本が貫禄の投球でロッテ打線を手玉に取った。台風3号の接近により雨が降りしきる中、最速154キロを計測した直球を武器に7三振を奪って5回を2安打1失点。3試合ぶりの白星で、チームの連敗を2で止めた。

 「マウンドはぬかるんでいましたけど、相手も一緒。何とか(試合が成立する)五回まで進めようと投げました」

 一回は2四球でピンチを招き、鈴木に適時打を許した。「コースを狙い過ぎて苦しい投球になった。真ん中でいいから振らせていこう」(則本)と切り替えたところ、二回以降は1人も走者を出さない圧巻の投球。「立ち上がりは慎重だったが、うまく調整してくれた」と与田投手コーチは評した。

 6月8日のDeNA戦で、米大リーグ記録に並ぶ8試合連続2桁奪三振をマーク。その後は、2試合、白星から遠ざかったが、エースが悪コンディションの中で、地力を発揮した。

 「やることさえやれば勝てると思っていた。(降雨コールドは)ラッキーですが、勝ちがついたのは大きい」

 これで入団1年目の2013年から5年連続2桁勝利へあと1勝。右腕が納得の表情でうなずいた。 (片倉尚文)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ