宮里藍「毎試合が最後」 2カ月ぶりにアーカンソー選手権で復帰

 米女子ゴルフのアーカンソー選手権は23日から3日間、米アーカンソー州ロジャーズのピナクルCC(パー71)で行われ、今季限りで現役を退く宮里藍が約2カ月ぶりに米ツアーに復帰する。

 22日はショットやパターを確認し、「毎試合が私にとっての最後になる。悔いのないようにベストを尽くす」と意気込んだ。2012年のこの大会で米ツアー直近の優勝となる通算9勝目を挙げた。思い出のコースを、自身と同じ元世界ランキング1位のリディア・コ(ニュージーランド)、朴仁妃(韓国)との豪華組で予選ラウンドを回る。

 宮里藍と同じ1985年生まれで小学生の頃から競い合ってきた横峯さくらは「限られた試合の中で、一緒のフィールドで戦えることはうれしい」と感慨深げに話した。

 日本勢は他に野村敏京、上原彩子、畑岡奈紗も出場する。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ